鉄道用運行案内標示板(LED標示器)の温度制御
ファン制御 温度制御事例

鉄道用運行案内標示板(LED標示器)の温度制御

鉄道用の運行案内標示板(LED標示器)の筺体内の温度制御に、温度制御用サーモスタットとしてマツオの温度パワーセンサー・TPSが採用されております。MQT8K K35YA1.5(微小電流用接点・クロスバー接点)で筺体内が35℃以上になったらONして、その信号を受けて冷却装置が働き始めます。32℃以下はOFFして冷却装置を止めます。この様にサーミスタ制御の様に使用する事も可能です。

鉄道用運行案内標示板(LED標示器)の温度制御
ページの先頭に戻る